Jun Märkl conducting the Mito Chamber Orchestra Jun Märkl Jun Märkl Jun Märkl Jun Märkl

Biography

1959年ミュンヘン生まれ。同世代の指揮者たちのなかで、もっとも人気のある指揮者の一人である。ハノーファー音楽院でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学んだ後、1979年から1981年にかけてチェリビダッケにも学び、そこで指揮者としての考え方について決定的な影響を受ける。またミシガン大学でグスタフ・マイヤーにも学んだ。1986年にドイツ音楽評議会の指揮者コンクールで優勝。その後ボストン交響楽団の奨学金を得てタングルウッド音楽祭に参加、レナード・バーンスタイン、小澤征爾に学んだ。

1991年から1994年にかけてザールラント州立劇場の音楽監督を務め、1993年にはウィーン国立歌劇場にデビュー、「トスカ」で圧倒的な成功を収める。その後同歌劇場の常連となり、「蝶々夫人」「マノン・レスコー」「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」「パルジファル」「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ばらの騎士」「ナクソス島のアリアドネ」などを指揮している。1994年から2000年にはマンハイム州立劇場音楽監督および芸術監督を務め、1996年にはコヴェントガーデン王立歌劇場で「神々の黄昏」を指揮してロンドン・デビュー、1998年には「イル・トロヴァトーレ」を指揮してメトロポリタン・オペラへデビューするなど、次々にオペラ指揮者としてのキャリアを築いてきた。ウィーン国立歌劇場、ドレスデン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン州立歌劇場に客演。2014年にはハンブルク州立歌劇場にてフィデリオを指揮する予定である。

コンサートでは、ミュンヘン・フィル、ケルン・ギュルツェニヒ管、ハンブルク北ドイツ放送響、バイエルン州立管、ケルン放送響、パリ管、フランス放送フィル、バーミンガム市響などヨーロッパの主要オーケストラに定期的に客演、最近ではチューリッヒ・トーンハレ管、チェコ・フィルでの客演デビューを果たす。北米での活躍も目覚しく、ボストン響、シカゴ響、フィラデルフィア管、クリーヴランド響、ダラス響、ボルティモア響、ミネソタ管、モントリオール響、セントルイス響、ワシントン・ナショナル響、アトランタ響、シアトル響などを指揮。2005年から2011年にかけて、6年間フランス国立リヨン管弦楽団の音楽監督を務めた。

2011/12シーズンは、オスロ響、ヘルシンキフィル、オランダ放送響、グラーフェネック音楽祭、ベルギー・ナショナル管、香港フィル、BBCスコティッシュ響、モンテカルロフィルとの共演などが予定されている。

日本には1997年にN響を指揮してデビュー、その後も定期的に客演を続けている。2000年にはウィーン国立歌劇場とともに来日し、「メリー・ウィドウ」を指揮。特に2001年から4年がかりで上演された、新国立劇場でのワーグナー「ニーベルングの指環」チクルス(通称:トーキョー・リング)の圧倒的な成功は、準・メルクルの名を日本の音楽界に強く印象づけることとなった。その他にも、パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)への参加、水戸室内管弦楽団との共演など、日本での活躍もめざましい。

レコーディングは、リヨン管弦楽団とのムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」、ベートーヴェン:交響曲第2番、第6番、第9番、マーラー:交響曲第3番(Altus)、ラヴェル:「ダフニスとクロエ」全曲(Naxos)、ドビュッシー:管弦楽作品全集(Naxos)、ライプツィヒ放送響とブラームス:交響曲第4番(Altus)、NHK交響楽団とマーラー:交響曲第2番「復活」、ドビュッシー:海(Altus)、シューマン:交響曲全集(Exton)など多数録音している。

2007年よりライプツィヒ放送交響楽団(MDR交響楽団)の首席指揮者・芸術監督を務めている。